選択肢は豊富なエリア

チップ

名古屋でネイルの専門学校を選ぶ際は選択肢が豊富なので、シビアに講師陣の顔ぶれや就職実績などをチェックしていきましょう。どの様な経験を持っている講師からどの様な事が学べるか、そして、実際、どの様な場所に就職しているかなどを自身がネイリストとして活躍する事を前提にして、しっかりとチェックしましょう。

詳しく見る

検定の種類

手

プロ級は難易度高め

ネイリスト検定には、ネイリスト技能検定とネイルスペシャル技能検定試験があります。前者は3級から1級までの検定があり、3級は基礎レベルで2級はサロンで働くプロレベル、1級はトップネイリストレベルの技能と知識が求められます。ネイリストになるのに、絶対に必要な資格はありません。ただ、ネイリスト検定は就職の際に役立ちます。ネイリスト技能検定2級以上を持っている人が応募条件となる求人も少なくないです。一方、後者は初心者対象のA級と、プロ対象のPA級、AA級、AAA級に大別されます。PAからAAA級は実技試験の結果を見てレベルが決められるという仕組みです。なお、美容系専門学校ではカリキュラムの一つとしてA級試験が実施されています。この2つのネイリスト検定は認定団体が異なり、ネイリスト技能検定のほうが歴史が古いです。ネイリスト技能検定の合格率は3級が9割弱、2級が4割強、1級が4割弱となっており、2級から難易度が上がっていることがうかがえます。そしてネイルスペシャル技能検定試験の合格率はA級で8割強ですが、PAからAAA級は1割強と、ぐんと下がります。こちらのほうが難易度が高い試験です。どの試験も実技試験が重要視されるので、ネイルスクール等で学んだりネイルサロンで働いたりしてスキルを磨くことが大切です。また、ネイリスト検定の認定団体が販売する教材やDVDを参考に練習して、段階を踏んで級を取得していくといいのではないでしょうか。

目的で異なる特徴

女性たち

ヘアメイクの仕事につくには専門学校に行くのが王道のコースです。美容師資格が取れるか取れないかという大きな違いがあり、目的によってどちらかを選ぶことになります。また学費を抑えたいのならば夜間コースなどを選ぶのがおすすめです。

詳しく見る

将来雑貨店を開きたい人に

ウーマン

将来雑貨を取り扱う仕事に就きたい人に人気があるのが、雑貨専門学校です。商品知識や経営ノウハウ、買い付け、制作、販売のノウハウなどいろいろな知識や技術を短い期間で身に付けられ、卒業後は即戦力として活躍できる可能性が高いからです。

詳しく見る

学びの場から将来を開こう

女性

スタイリスト学科のある専門学校は就職先も多様に用意しており、入学すれば業界最前線への就職の道も開けます。資格の取得やインターンシップを経験することもでき、大きなスキルアップが可能となるので、将来を切り開くためにも入学を考えてみましょう。

詳しく見る

筆記だけではなく実技も

マニキュア

ネイリストになりたい人の多くが合格を目指すのがネイリスト検定です。筆記と実技によって行われ、基本が試される3級は合格率も高くなっています。ネイリストとして働く際に求められることが多い2級以上は実技のハードルが上がるため、専門学校などに通って経験者から直接指導を受けることが多くなっています。

詳しく見る